現地採用、駐在員の違いとは

海外就職を考えたときに現地採用と駐在員という言葉を必ず聞くことになります。なんとなく言葉の意味は分かるかもしれませんが、具体的にそれぞれどのようなメリット、デメリットがあるのかをしっかり理解した上で、どちらの立場で働くべきなのかを考えてみましょう。

駐在員とは

駐在員とは日本本社で雇用され、日本から会社の命令で出向して現地に駐在している人を指します。会社の命令ですので本人の希望の有無は関係なく赴任している人も多いです。

駐在員の待遇

日本本社での雇用となるので日本での雇用条件(つまり給与や社会保険など)はそのままに、海外出向手当などが加算される場合が殆どです。この場合の手当とは、現地で住む住居や生活費補助、医療保険、また家族帯同で赴任する場合は家族手当なども付くことが多いです。また海外での通勤では送迎の車も用意されていたりするので、「致せり尽くせり」な待遇に見えるかと思います。実際日本で働いたときは普通の生活をしている人でも海外に駐在している間はまるで大金持ちにでもなったかのような生活をしている人も中にはいます。その人の現地での生活の仕方にも依りますが、会社の手当て次第では現地での生活はほぼ手当だけで賄え、日本側で支払われる給与は全て貯金へ回すというようなこともできるかもしれません。

求められる役割

普通は現地代表や責任者的な立場で赴任しますので、現場では重い責任を負うことになります。現地のスタッフと日本本社からの理不尽な要求の板挟みでうんざりするような人も中にはいるでしょう。しかしそれも社風によります。中には日本にいるよりも気軽でいいと気に入る人もいるわけで、会社の環境やその人の感性で左右されることも大きいです。駐在員は一応帰任ありきの赴任なので、赴任期間中の働きが帰任後の出世に影響を与えることもよくあります。

駐在員として採用される可能性

待遇面だけを言うと間違いなく普通の現地採用より駐在員のほうが高待遇です。しかしこういった駐在員採用はそもそも求人件数が少なく、中途採用でありつくには本人の能力とは別に運の要素もあると思います。

仮に「ベトナムで働きたいが駐在員としてじゃないと嫌だ」となると、いつまでたってもベトナム就業の夢は叶わない可能性もあります。語弊を恐れずに言うと、駐在員は企業にとってかなり費用のかかる人員です。本音はここまでお金をかけたくないと思っている企業もあるでしょう。後述しますが、できる限り駐在員を置かずに現地の業務が回るように整備するのが近年のトレンドです。

現地採用とは

現地採用とは読んで字のごとく現地で直接採用される雇用形態のことです。例えばベトナムの場合は在ベトナムの法人に採用されることになるので、待遇やその他の面など全てベトナムの方式が適応されます。

現地採用の待遇

日本側での待遇が考慮されない(する必要がない)のが現地採用です。ですので給与は基本現地通貨で支払われますし、社会保険なども現地の保険が適応されます。福利厚生などで帰省費用や海外医療保険に加入する企業もありますが、必須というわけではありません。あくまで現地のスタンダードに合わせた待遇となります。なので日本の国民年金などの支払いも当然ありませんので、その点をどうするかはしっかり考えておく必要があります。給与に関しては現地で生活する場合には比較的問題ない額が設定されますが、日本でその金額で生活しろと言われるとキツイケースが殆どです。所帯持ちの人が単身で赴任して日本の家族へ仕送りをするというのも、普通の現地採用の待遇では厳しいでしょう。

求められる役割

会社の方針などにもよりますが、駐在員がいる環境で現地採用で働く場合、その駐在員のサポートに回ることも多いです。その駐在員が人格的に良くない人の場合は、結構面倒くさい上司となる可能性もあります。一方現地採用のみの会社の場合は駐在員と似たような役割を求める割に待遇はイマイチなんてケースもあります。こういったところは入社してからでないと見えにくいところがありますが、もちろん駐在員と現地採用者が楽しくやっているような企業もたくさんあります。

現地採用として採用される可能性

ベトナムに限らず海外就業を目指す場合、人材紹介会社などのエージェントを利用したら現地採用案件を紹介されることが圧倒的に多いでしょう。雇う側も現地採用の待遇は駐在員ほどではないので、雇う人材に対してそこまで高望みしない傾向があります。現地就職を目指すに当たって現地採用も応募対象になるのか、それによって就職のハードルは随分違ってきます。

それぞれのメリット、デメリット

それぞれにメリット、デメリットがあるものです。今の自分にとって何を一番重視するのか、そういったことも考えながら採用形態を検討してみましょう。

駐在員のメリット:待遇が良い

正直これに尽きるかと思います。むしろ駐在員で待遇が悪かったら何で現地にいるの?って感じになるんじゃないでしょうか。まあ帰任後の道を確保するためとか色々な目的はあるかもしれませんが。

駐在員のデメリット:自分の意思で動けない

基本行くも帰るも会社の命令なので、「このままベトナムがいい!」と思っても辞令が出たら帰らねばなりません。現地でとどまらなければならない理由ができた(まあ待遇はベトナム人と結婚したとかですが)とかの場合、辞めて現地採用に転職する人もいます。

現地採用のメリット:自分の意思で決められる

自ら選んでその道を歩んでますので、いろんな意味で変な縛りがありません。日本のように一度道を外すと軌道を戻しにくい社会ではありませんので、何かと自由な面があります。この楽しさというか解放感を知ってしまうと病みつきになる人もいます。あと駐在員と比べて夜の時間は比較的取りやすいでしょうか。

現地採用のデメリット:待遇面、職場環境

待遇面は駐在員と比べればという話ですので、現地水準で見ると現地採用でも高給取りです。自分の生活水準とか価値観でこの辺りはかなり違ってきます。ベトナム現地に根付いて、ベトナムで拠点を構える人の場合は現地採用の待遇でもそれほど苦にはならないでしょう。

また一緒に働く駐在員が最悪の職場は避けたいところです。前任の駐在員は人徳者でしたが後任が最悪で現地採用者がこぞって退職、なんて職場の話も聞きます。せっかく海外で働きに来て日本のような理不尽さに耐える働き方はしたくないものです。因みに日本からの出張者の対応など面倒くさい雑用が全て現地採用者に回ってくる会社も考え物ですが、業界によってはこれは甘んじて受け入れなければならないところでしょうか。

海外就職では必ず駐在員か現地採用のどちらかを選ぶことがあります。金銭的な面だけではなく、それぞれの良し悪しを判断した上で最適な仕事が見つかるように転職活動をしてください。

>