ベトナム人がセクシー女優として日本でデビューして大炎上したって話

先日タイトルの通りベトナム人が日本でセクシー女優としてデビューした結果、ベトナムで大炎上したという記事を読みました。正確には日本人とベトナム人のハーフ(ダブル)のようですが、今回はこの点について思うことを書きます。

何がベトナム人の怒りをかったのか

ベトナムは成人向けの写真や動画はご法度ですが、インターネットが普及してる現代、ベトナム人男性でその手の映像を見たことがないという人は少ないです。特に人種的に比較的近く、コンテンツが充実している日本の作品は当地でも人気になっています。少し古くなりましたがセクシー女優の小澤マリアはなぜかすごく有名で、話のネタなどでもよく登場する名前です。

ということで国としてはダメなわけですが、仮にベトナム人がセクシー女優として出演、あるいはベトナム国内でその手の産業が生まれたとしてもそれほど炎上はしないように思われます(あくまで男性内に限った話ですが)。

しかし今回の一件は女性に限らず男性からも批判を受けており、その決定打となったのが純白のアオザイを身につけて出演していることでした。

アオザイはベトナム人にとって神聖なもの

以前アオザイについて扱った記事でも言及しましたが、ベトナム人にとってアオザイは神聖なもので、そういった性絡みのアイテムとして持ち出されるものではありません。どんなにやらしいベトナム人男性でもアオザイをそこに結び付けて考えることは不謹慎だという感情があるようです。

日本の成人向け動画にはコスプレものの作品が多数ありますが、同じような感覚でこの作品を出したのがまずかったのでしょう。特に出演者がベトナム人の血を引いているというのが輪をかけて良くなかったようです。コメントには

「出演者だけでなく制作会社もベトナムに対するリスペクトがない」

「神聖なアオザイが日本の性娯楽に汚された」

など辛辣なコメントが書き寄せられています。

自分が知る限りのベトナム絡みの作品

今回話題になっている出演者及び作品について私はよく分かりませんが、昨今の日本国内におけるベトナム人の増加に相まって、一部の日本人層からはそういったベトナム人にまつわる作品の需要が出てきているように思えます。特に留学生や実習生をモチーフにしていると思われるものも出回っていますので、典型的な身近にいるベトナム人をイメージしたものなんでしょう。こういった事実をベトナム人(特に女性)が知ったらどう思うか少し興味がありますが、日本の成人向け作品はこういったニーズに合わせた作品をすぐに作ってしまいます。

東南アジア人の国籍を見分けられる日本人なんてほとんどいない

東南アジアに限った話ではありませんが、元々大陸は人種の交じりあいが日本のそれより激しいので国単位でその人の国籍を判断するのが難しいです。例えばヨーロッパの隣り合った国同士の国籍を見分けられる日本人はどれほどいるでしょうか?人種的な見た目でそれを判別しろというのは中々難しいものがあります。というわけでやっぱりベトナム人も中国人と見分けがつかないような人もいれば、東南アジアの他の国の人と見分けがつかないような人もたくさんいるわけです。日本にいれば日本人と変わらないような顔のベトナム人に出会うことも普通にあります。

なので結局今回の作品で「ベトナム人っぽさ」を出すには純白のアオザイを使うのが一番手っ取り早かったということなんでしょう。まあベトナム人を装った明らかに下手くそなベトナム語を話している作品も巷にはありますので何とも言えませんが。。。