ハゲは頭がいいというベトナム神話

若ハゲを気にする男性は多いですが、ベトナムでは「ハゲは頭がいい証拠だから気にするな」のように、褒めてるのか慰めているのかよく分からないことが言われています。今回はベトナムのハゲに対する考え方について書きます。

ハゲている人は頭がいい?

冒頭でも書きましたが、どうしてハゲている人は頭がいいと言われるのでしょうか?これにはいくつかのベトナム人から意見をもらいましたが、私見を交えて考えると以下のようになりそうです。

国民全体的にハゲ率が低い

パッと見ですが年頃の男性でハゲている、または薄髪の人は日本人のそれと比べて少ない様に思います。遺伝的にハゲにくいものかは分かりませんが、生活環境やストレスなども少なからず関係しているようにも思います。日本のストレス社会は独特のものがありますので、それで本来ならハゲないような人でも影響が出るということもあるでしょう。もちろんベトナム人でもストレスを感じることはありますが、身体の健康に影響が出るまでストレスをため込む前に、その元を絶つのがベトナム人です。そういう部分は日本も見習うべきかもしれません。

政府など位が高い人にハゲが多い

政府の高官や軍隊の大将など国民から認識される有名な人にハゲが多いということもありそうです。確かに普通の人よりは頭がいいでしょうから、そういうイメージがつきやすいのかもしれません。特にこういった立場の人は世襲制も多いので、親から頭がハゲる遺伝を受け継いで、そのイメージが定着しているのかもしれません。

他に世間的に頭がいいと認識されているITのエンジニアもやっぱりその部類に入ります。理由はよく分かりませんが、ベトナムのITエンジニアは確かに他の業界より若ハゲ率が高いように思います。周りのベトナム人は「よく頭を使っているからだ」と言いますが、そういうもんでもないだろというのが私の意見。

ぶっちゃけベトナム人女性から見てハゲってどう?

若いのにハゲてると女性からどう見られるかは気になるところです。欧米人などはスキンヘッドにしてもそれほど違和感がありませんが、ベトナム人でスキンヘッドは滅多にいません。なので髪が薄いとそれがはっきり分かってしまいます。では年頃のベトナム人女性は若ハゲをどう考えるのでしょうか?

好きではないが重要ではない

ハゲていても気にしないと答えた人は残念ながら私の周りにはいませんでした。しかしそれを超える何かがあれば大丈夫という人もいます。「何かって何だ?」と思うかもしれませんが、性格でもお金でも相性でも、それは何でもありえるとのこと。基本面食いの女性からはNGでしたが、全ての女性から受け入れられないというわけではなさそうです。

カツラより素のままのほうがいい

下手に薄毛を隠すためにカツラをかぶったりするよりかは普通にしているほうがいいという意見がありました。ベトナムでもカツラや毛を増やす薬の広告などを見ることがありますが、あまりそこに頑張りすぎているのも微妙なよう。あくまで自然体が望ましいという声が聞かれます。

ハゲているから頭がいいというのに科学的根拠はありませんが、本人がそれほど後ろ向きに考えなければベトナムでは大きなデメリットでもないように思われます。