ベトナム人にとっての髭とは?

髭はファッションでもあり世界の一部の国では権力の象徴であったりと、色々な役割があります。ベトナム人でも髭を蓄えている人を見ますが、その印象は少し日本のそれと異なるかもしれません。今回はベトナム人の髭について解説します。

おしゃれ髭の時代はまだ来ていない

顔が濃いわりに比較的髭は薄いベトナム人。男性でもそれほど髭を生やしている人を見る機会がありません。現在のベトナムで髭を生やしている人は以下のような認識があります。

・年老いた老人

おじいさんで立派な長いひげを生やしている人を見ることがあります。妻の祖父もその一人で、仙人のような髭をしています。ホーチミンも髭を生やしていましたので、ベトナム人のおじいさんと言えばそんな髭といった感じでしょうか。

・金持ち

お金持ちで髭を蓄えている中年もいます。大体小太りなのが多い気がしますが、このパターンの髭は口髭で、顎髭は生やしていません。やはりイメージがあるのか、ドラマなどで登場する金持ちもこういった髭を生やしている役が多いです。

・無精ひげ

ファッションというよりただ生やしているだけなので、清潔感はありません。やっぱり女性受けも悪く、一般的に若い男性は髭を生やしません。

ベトナム人女性の髭?

ベトナム人女性も髭があります。といってももちろん男性のような髭ではなく、産毛です。日本人女性は鼻の下の産毛を剃ったりする人も多いと思いますが、こちらではそのままにしている女性が多いです。しかし人によっては目立つ人もいますので個人的にどうなんだろうか?と思いますが、ベトナム人は男性も女性もあまり気にしないようです。またこの産毛を剃ると濃くなると信じられており、それで剃ることを敬遠している事情もあります。その辺りはすね毛についても同じことが言えます。

因みにベトナムでは女性で鼻の下の産毛が濃い人はスケベと言われており、そういうことでからかわれている女性を過去に職場で見たことがあります。日本だったらセクハラですね(笑)

またこれは珍しいのですが、女性であご髭が薄く生えている人を見たことがあります。その女性は確かに気が強く、オスっぽい感じがありましたのでやっぱりそういうホルモンが出ているのかなぁと思いましたが、さすがに「ひげ剃れよ」と思ったものです。