ベトナム人女性のすっぴん事情

ベトナムで街を歩けばすっぴんのベトナム人女性を見ることは普通にあります。日本だと年頃の女性は公の場で皆化粧をしているものなので何となく珍しく映りそうですが、しばらくベトナムに住んでいるとばっちり化粧をしている日本人女性が寧ろ不自然に見えてくるので不思議なものです。今回はベトナム人女性のすっぴん事情について語ります。

なぜすっぴんなのか?

こう言うと逆に「なぜ日本人は化粧をするのか?」という質問がベトナム人から飛んできそうですが、ベトナム人女性から寄せられた意見や考えは以下のようなものでした。

・環境的な問題

高温多湿のベトナムでは化粧をしても汗などで化粧が崩れやすいと言います。また砂埃などで常時つけているマスクも化粧崩れの原因になるため、ばっちり化粧をしても徒労に終わることが多いとも。確かにバイクに乗って派手なメイクはあまりサマになりませんね。

・化粧の質、金銭的な問題

ベトナムで安価で売られている化粧は質が悪く、肌に良くないと言われています。そこで日本製を含む外国製の化粧品を愛用するベトナム人女性も多いのですが、日頃から使用しているとお金がいくらあっても足りないという事情があるようです。

・社会的な目線

元々すっぴんが普通の社会ではあまり派手な化粧をしていると商売女と思われる可能性があります。ばっちりメイクをするのは結婚式の新婦や何か特別なイベントをするときのみという認識で日頃から派手な化粧をするのは好ましくないと考えている女性が多いようです。

皆が完ぺきにすっぴんというわけじゃない

パッと見はすっぴんですが実は薄くファンデーションや口紅をしている女性も多いとのこと。しかし大半はオフィスや商業施設などで働く女性たちで、所謂自営業的な仕事をしている女性たちは完ぺきなすっぴんが多いそうです。

ベトナム女性の習慣に流される日本人女性も

ベトナムに来てから日本にいるときみたいに化粧をしなくなったという日本人女性もちらほら見かけます。周りがすっぴんだと自分だけばっちりメイクをしていると逆に浮いて恥ずかしいと思う人もいるのだとか。日本人同士会うときは日本にいるときと変わらないメイクで行くけど、特にそういった予定がないときは何もしないという風に状況に応じて使い分けている人もいるようです。

ベトナムではつけまつげなどの類も一般的ではありませんので、化粧を取ったら誰か分からない!なんてこともありません。(まあ写真の加工などは凄まじいものがありますが。。。)

化粧をすることが億劫だけど、身だしなみの観点で仕方なく・・・と思うような人はベトナムに来ると楽かもしれませんね。