1月1日のお正月:日本人、ベトナム人はどうしてる?

明けましておめでとうございます。去年はコロナで始まりコロナで終わったような年でしたが、今年はどうなることやら。。。日本ではコロナの外出自粛などでいつも通りの正月とはいかないと存じますが旧正月のベトナムでは1月1日はどんな感じでしょうか。またベトナム在住の日本人はどのように過ごしているのか。今日はその部分について記事にします。

我が家の場合

基本的にはベトナム文化で生活していますので、今日が正月だからと言って特別家でそれらしきことはしません。私が率先してそういうことをやらなければ普通の祝日です(旧正月圏のベトナムも1月1日は祝日)。長らく日本で正月を過ごしていませんのでおせち料理やお雑煮、年末の年越しそばなどが恋しくなってはきますが、これも一時的なものでその時期が過ぎればどうってことはないっというのがそれなりの年数ベトナムで過ごして分かってきたところです。まあでも私の妻筆頭に子どもを含め、日本の正月がどのような感じかというのは体験させたいと思っていますので、どこかのタイミングで年末年始の帰省チャンスを窺いたいと考えています。

ベトナム人にとってはイベント祝日

1月1日はベトナム人にとってお正月ではありませんが、それなりに催しごと(カウントダウンイベントなど)はあります。昨日31日は年越しでホアンキエム湖で芸能人によるライブショーがありましたし、花火の打ち上げなども行われました。私も過去に参加したことがありますが凄まじい人混みで、ホアンキエム湖周りの道路がすし詰め状態になります。今年も例年通りそんな感じなのはテレビを見て窺えますが、ある意味コロナの抑え込みに成功した国の特権のように感じました。高齢者は特に関心がなく、あくまで若者向けのイベント祝日といった感じです。なので年越しという意識は低く、職場で会っても「明けましておめでとう」などの挨拶はありません。

現地在住の日本人の場合

単身または独身者

ベトナムで一人で年越しの日本人もそれなりにいます。人によって過ごし方は様々ですが、大体以下のような感じに分けられます。

・知り合いと日本料理で昼から飲んだくれる(男性に多い)

・前後の休みを利用してプチ旅行

・一人でひっそりと家で正月祝い

・特に何もせず、普通の休日と同じ過ごし方をする

今年は1日が金曜日なので、日系企業では31日から3日まで4連休の会社も多いと思います。またコロナの関係で海外に出ることができませんので、ちょっと足を延ばして国内旅行を楽しむ人も結構いるようです。

家族帯同でベトナム滞在の場合

家族帯同でベトナムに来ている人は年末年始で日本に一時帰省する人が多いですが、今年はベトナムに留まって年を明かした人も多いと思われます。とりあえずベトナムで手に入る食材や調味料を使いながらできる限り日本の正月を演出している家庭が多くなっています。場所はどこであれ一応家族一緒に年を越せることに幸せを感じることもあるでしょう。

この記事を書いてる今も私が住んでいるマンションの隣の家では結婚式が開かれています。「正月に結婚式か~」と思いつつも、ベトナム人にとっては普通の祝日なのが分かります。