グエンが差別用語になりつつある?

日本でベトナム人による犯罪が増えた昨今、ベトナム人が逮捕されたニュースを日本の報道で見る機会が増えました。私の場合は家に日本のテレビ放送を入れてないのでこの手のニュースを見るのはネットニュースやSNS、YouTubeなどで見ます。これらの媒体はニュースに対する一般人のコメントが掲載されていますが、少し気になるコメントがありましたので書くことにします。

「ベトナム人=グエン」という認識

悪い意味でベトナム人と言えば「グエン(Nguyễn)」という認識をもっている日本人が増えているように思います。ネットのコメントを見ていますと、

「またグエンか」「どうせグエンだろ」「グエンはさっさと国へ帰れ」「グエンは日本へ来る必要なし」

といったようなコメントがあちこちで見られます。ベトナム人の姓は日本のそれと比べて数が少なく、国民の4割程度が「グエン」の姓と言われています。なので日本で捕まって名前が公表されると「グエン」である確率は必然的に高いわけですが、これが「ベトナム人」を指す言葉として用いられているのが気になるところです。

いい意味で使われていればそれほど気にならないかもしれません。ただ今後もこういった傾向が高まっていくとベトナムに生活の基盤を持つ私としてはあまり良い気はしません。

ベトナム人の犯罪が日本で増えてそれについて国内の日本人が悪い感情を抱くことは十分理解できますが、できればこういった傾向は広まらないでほしいものです。

>