ベトナム人実習生の日本語レベル

外国人の日本語力を表すのに日本語能力試験(JLPT)がよく用いられ、上からN1~N5の5段階で評価されます。(N1~N5のランクがピンとこない方は日本語能力試験の公式サイトのリンクをはっておきますのでこちらをご覧ください)

昨今は多くのベトナム人実習生が来日しますが、日本語のレベルは人によってそれぞれです。今回は実習生の平均的な日本語レベル、そのレベルに応じた実習生の特徴などを書いていきます。

ベトナム人実習生の平均日本語レベルとは

ベトナム人は3年の実習期間中にN3辺りまで到達する人が多いです。大体来日前の事前学習でN5を習得して日本へ来ますが、そこから3年間で2ランク上まで引き上げるといったところでしょうか。よく日本の管理団体はベトナムの実習生送り出し機関へN4まで習得して日本へ来させることを要求しますが、実際来日時点でN4レベルに到達している実習生は少ないです。

また日本語能力試験の特徴は会話のテストが無いということで、仮にN3などの資格を持っていても会話はからっきし、なんてケースもよくあります。実習生でそれなりに会話ができる人は現場の日本人とよくコミュニケーションを取っている人に限られます。

N2の壁

N3まで取って帰国してくる実習生は珍しくありませんが、N2をもって帰国する実習生の数はぐっと下がります。全体的にN3からN2までレベルの上がり具合が大きいという事情もあるのですが、多くのベトナム人を苦しませるのが「漢字の存在」です。N3までも漢字を学びますが、ここまでは漢字をある程度おろそかにしていても合格できます。しかしいよいよN2レベルになると読解などでも、もろに漢語中心の単語がメインになってきますので太刀打ちできなくなります。ベトナムはかつて漢字文化圏でしたが、現在はアルファベットになっていますので漢字の学習を受けつけない、挫折する実習生はたくさんいます。

よく中国人実習生とベトナム人実習生が比較されるのですが、中国人実習生は実習期間中にN2や優秀な人はN1まで到達することもあります。この差は漢字を使う文化かどうかという違いが大きいと言えます。

また真面目に日本語を学ぶベトナム人実習生でもN3までの日本語を大方マスターしますと、日本での実習や生活での言葉がある程度賄えますので、そこで勉強を辞めてしまう人も多いです。まさに不便を感じるかどうかが勉強するかどうかの基準という最たる例になります。

実習生でも日本語が全然できないケース

3年日本で働いたんだからそれなりに日本語ができるだろうと思うかもしれませんが、中には日本語がほとんどできないまま実習を終える人もいます。こういった人は以下に大別されます。

年齢が高い

一つの目安は35歳前後になります。この年齢層の実習生は数が少ないのですが、日本語の理解力は極端に下がります。日本人の感覚では35歳程度ならまだ何とかなりそうな気もしますが、ベトナム人の場合そうもいきません。その一つの理由は実習生としてこの年齢で日本へ行く人は間違いなく学歴などがなく、20年近く勉強をするといった環境から離れている人です。そういった人がいきなり経験のない外国語を学べと言われても厳しいものがあるのだと思います。実際この年齢層では真面目に勉強をしている人も多いのですが、やはり理解力において若い人(20代前半)と圧倒的な差があります。

同じ仲間に日本語が堪能な人がいる

実習生の多くは複数の人数で同じ現場へ配属されます。その中で日本語がうまい実習生がいると必然的にその実習生が現場の日本人と実習生の通訳役に抜擢されます。お互いに切磋琢磨して日本語力を伸ばしていくような意識があればいいのですが、この日本語がうまい実習生におんぶにだっこで日本語の学習を辞めてしまう実習生も少なくありません。

このように3年日本にいたが日本語はからっきしという実習生は結構いるものです。それに対してバカにするような眼で見る日本人も中にはいますが、長年ベトナムに住んでいてベトナム語はおろか英語もほとんど話せない日本人もざらにいますので、似たようなものかと思います。

ベトナム人実習生にとっての外国語とは

ベトナム人実習生で、もともと勉強が好きという人は少ないです。中には日本が好きで日本語学習に興味があるという人もいますが、大半は日本で働くために仕方がなくやっているという感じです。他の国にも同じように働きに行く制度がありますが、それらの国では日本のようにその国の言葉を勉強させることを強制されません。むしろ日本が実習生に求める日本語力は他国と比べて異常なぐらい高いといっても過言ではないかもしれません。今は他国で働くよりそれなりに稼げるという利点があるので日本語の勉強もしていますが、もし日本が稼げない、日本語もいっぱい勉強しなくてはならないという立ち位置になった場合、日本行きを敬遠する実習生も増えるでしょう。

日本に行くベトナム人が増えていますので、ベトナムで日本語がそこそこ分かるベトナム人も急増しています。しかし本当の意味で高度なレベルの日本語を操るベトナム人はそれほど変わらず、上で書いたようなN3レベルからそれ以下のレベルのベトナム人が多くなっています。