【ベトナムのチップ事情】チップが必要なケース、不要なケースを相場と共に紹介

チップって何となく海外だったら必要っぽい、あるいは欧米は必要だけどアジアはいらない、なんて漠然と思っている方もいるかと思います。こちらの記事ではベトナム国内のチップ事情について相場と共に紹介していきます。

サービス業にはチップが求められる社会

ベトナムにはチップの文化は基本ありませんが、スパやマッサージ、高級レストランやホテルなどの一部ではチップを渡す習慣があります。このチップをいくら渡すかが問題なのですが、以下で一般的な相場と私の見解を交えて書いていきます。

スパ、マッサージ系:5~10万VND

施術時間や満足度に応じて決めればいいと思いますが、大体5万VND~10万VNDが相場です。5万VNDを下回ると露骨に不服そうな態度を取られる可能性もありますが一応建前上は渡すか渡さないかは本人に委ねられます。気持ちの問題なので明らかに手抜きの施術やこちらの気分を害するようなことがあった場合は無理に支払うこともないかと思います。ただそうでない場合は上記の金額ぐらいを渡すのがマナーかと。旅行者など一見さんがその時だけだからと多額なチップを渡すのは、その金額の味をしめられることもあるので在住者にとっては少々困ります。

高級レストラン&ホテル:任意

気持ちが良いサービスを受けて渡したいと思ったら渡せばいいかと思います。例えば5つ星ホテルでボーイが部屋まで荷物を運んでくれたとしてもチップを渡すのは必須ではありません。中にはチップを貰うまで帰ろうとしない輩もいますが、ホテル側からするとその従業員は指導対象になりますので気にする必要はありません。レストランもよほど気分よくサーブしてくれて「是非渡したい!」と思わなければなしでもOKです。

ゴルフ:1ラウンド50万VND~

ちょっと厄介。最近チップの相場が上がってます。昔はもう少し安かったんですが今は50万VND辺りが普通になってきてます。元々ベトナム人の中ではでゴルフは金持ちの娯楽なので、チップも結構はずみます(ゴルフをやっているベトナム人は現地の日本人より金持ち率が高い)。その金額が基準になってくるのでチップが安ければ、「なんで外国人なのにこんな安いの!?」と思われやすくなったのかと思います。かつては外国人の娯楽からベトナム人富裕層の遊びとして普及してきたことが窺えます。

タクシー:釣銭または任意

基本無しです。ただチャーターで1日または半日気持ちよく利用できれば10万VND程度渡したり、普段乗りでもお釣りを貰わずにそれをチップ代わりにすることもあります。普段の近距離乗車では5000VND以下とかであれば受け取らずに、そのまま降車するのがスマートです(もちろんそのタクシードライバーがムカつく奴でない前提ではあります)。

各業者:任意

私は業者などが自宅に来て何か設置したり修理してくれた場合、態度が良ければ5~10万VND程度のチップを渡します。新築でマンションを買った時に男3人が数日かけて内装をやってくれた時は、その連中も丁寧だったので最終日に50万VNDあげました。「ご苦労様!これで皆でビールでも飲んでくれ!!」みたいな感じです。

ベトナムではチップをもらってはいけないという規定はない

日本ではサービス業でチップを受け取ってはいけないという社内規定は結構あります。私が日本で勤めていた時の会社でも「お客様から個人への金銭または物品を受け取ってはならない」という規定がありました。「お気持ちは大変嬉しいのですが。。。」みたいな形で断る会社が多いかと思います。

一方ベトナムではそういった規定を作っている会社はほぼないので、チップとして渡せば普通に受け取ります。少なくても渡されても困るというようなことはありませんので、自分が本当に渡したいと思うのであれば普通にあげて大丈夫です。

気持ちいいサービスを受けて、渡した側も貰った側も気分がいいのがチップの本来の役割です。