裸足で歩くベトナム人の感覚

ベトナムで生活をしていると日本人的な感覚で、本来靴を履いて歩くような場所でも裸足で歩いているベトナム人を見ることがあります。貧しいから靴がないというわけではありませんが、なぜ靴を履かないのか?という疑問。今回はその点について書きたいと思います。(因みにこの記事で言う「靴」はスリッパ、サンダルなども含んでいます)

ベトナム人が靴を履く理由

いきなりですが我々はなぜ靴を履くのでしょうか?危ないから、汚れるから、ファッション、身だしなみ、何となく、、、どれも当てはまるかと思います。公共の場で裸足で歩くベトナム人を見ていると「危なくない」「汚れない」という2つがポイントになってくることが窺えます。

危なくないなら靴を履く必要はない

感覚的に裸足で歩くことは気持ちがいいものです。海岸の砂浜や芝生の上を裸足で歩いた時の何とも言えない心地よさを感じたことがある人も多いでしょう。はだしで歩いているベトナム人はその心地よさの範囲が広いと考えてみればいいかと思います。例えば私のオフィスの隣にベトナム企業が入っていますが、タイル張りの廊下を少し歩くときに裸足で歩いているベトナム人スタッフを見ることがあります。このスタッフ的にはタイル張りの廊下は凹凸などがなく歩いてい足裏を痛める心配もないので、靴を履かないことが想像できます。またちょっとした移動でいちいち靴を履くのが面倒という心理もあるのでしょう。

他にもマンションのタイル張りの廊下を裸足で歩いているベトナム人を見ることがあります。小さい子どもも裸足で走り回っていますし、この靴を履くという意識は日本人よりも希薄なのが分かります。特に田舎の人はこの傾向が強く、こういうところでも育ちを窺うことができます。

汚いという概念の違い

床を歩いて足が汚れるという感覚は人によって違うようです。例えばタイル張りでキレイに掃除された床であれば多少裸足で歩いたところで足裏が黒く汚れることはありません。しかしその廊下を普通に他の人が靴を履いて歩いていればやはりキレイな床とは言えないかと思います。少なくとも私の感覚ではそう感じます。しかし実際に歩いて明らかに足裏が黒くならなければ問題ないと考えるベトナム人も相当数おりまして、そういった人たちは気にせず裸足で歩き回ります。因みに仮に廊下にジュースなどがぶちまけられていれば、裸足で歩くベトナム人も皆靴を履いて歩くのは言うまでもありません。

ベトナム人の足裏に関する衛生観念は人によって差が大きい

一応ベトナム人の名誉のために言っておくと、こういう裸足で歩き回る人について汚いという感覚を持っているベトナム人もいます。ここの差が大きいのが今のベトナムです。単純に育った環境が影響しているケースが殆どですので、そこの家次第と言ったところでしょうか。私のマンションでも子どもに廊下を裸足で走り回らせる親とそうでない親がいます。その子どもがそのまま私の家に入ると床が汚れるので足を拭かせてから上げますし、その子どもそこから何かしら感じ取る部分もあるでしょう。一方私の子ども(2歳)にそんなことはさせませんし、習慣から外に出るときは靴を履くという感覚が身についています。要はこういった家で育ったベトナム人は大人でも子どもでも靴を履きますし、そうでない家は大人でも子どもでも靴を履かないという話です。

今のベトナムは昔ながらの感覚のベトナム人と、現代的な感覚をもったベトナム人が混在しているので日本人から見ると色々「・・・」な場面に遭遇することがありますが、この現代的な感覚を持ったベトナム人がいずれスタンダードになるだろうと思っています。