意外と日本人みたいな顔も?ベトナム人の顔立ちについて

ベトナムはご存知東南アジアにある国の一つですが世間一般に日本人から思われているような東南アジアの人の顔立ちとは少し違うように思います。こちらの記事ではベトナム人の顔立ちについて書いていきます。

典型的なベトナム人の顔とは?

ベトナムでは少数の山岳民族など含めて複数の民族が存在している国ですが、ここでは大多数を占めている「キン族」について書きたいと思います。実はこのキン族ですが同じ民族でも人によって顔立ちが随分違ってきます。それもそのはずベトナムの北から南まで広く分布していますので、ある程度の地域差があっても不思議ではありません。ざっくり言うと日本人と遜色ないような顔立ちの人もいれば、どう見ても東南アジア顔といった感じの人もいます。ベトナム人について全く知らない人から連想されやすいベトナム人の顔は、

・色が浅黒い

・団子鼻

・眉が濃い

といったところのようですが、実際ベトナムに来てベトナム人を見てみると上のような特徴に当てはまる人ばかりではないことに気付くことになります。寧ろこんな感じの印象を抱く日本人が多いはずです。

・思ったより色が白い

・日本人、中国人と区別がつかない

特にハノイなどの北部では中国に近いという地理的な関係もあるのでしょうか、色黒の人(特に女性)の割合のほうが少ないように思います。

なので顔立ちがそういった日本寄りの顔であれば、日本国内で実際に話さない限りベトナム人(外国人)と気付かれないことも多いです。東京などの都会では皆さんが気付かないだけで実は隣に座っている人がベトナム人だったということもあるかと思います。

ベトナム人にとっての理想の顔は韓国人?

ベトナムに住んでいると、男前とか美人とかの代名詞で韓国人が引き合いに出されることがよくあります。これはベトナム国内でのファッションや芸能で韓国文化が進出していることが理由ですが、若者を中心に「ルックス的にいけてる=韓国」のような風潮があります。実際憧れられる韓国人的な顔立ちの特徴とは、

①色が白い

②肌がきれい

③スタイルがいい

といった要素があります。まあ芸能人やモデルの韓国人を見て言ってますので、とりあえずここでは美容整形などの類は出さないでおきましょう。因みにベトナム人にとって日本人と韓国人の区別は難しいので、とりあえずよく分からなければ「韓国人か?」と言われるます。または外国人とすら思われず、勝手にベトナム人と思いこまれているパターンのどちらかです。

もし日本国内でベトナム人を見ることがあれば、失礼にならない範囲で顔立ちについて観察してみても面白いかもしれません。