「ベトナム人女性は気が強い」は本当か?

「ベトナム人女性の性格」とか「ベトナム人妻」なんて言葉で調べると「気が強い」という言葉がよく見られます。一般的なステレオタイプな部分もありますが、本記事ではその辺りについて少し掘り下げて見ていくことにします。

皆がみんな初めから気が強いというわけではない

ベトナム人女性は「結婚する前はネコで結婚してから虎になり、最後は龍になる」と言われたりしていますが、ある程度年をとると貫禄が出てきて家庭を牛耳っている女性も見かけます。完全に尻に敷かれている日本人もちらほら。ではネコから龍になる進化過程を順番に見てみましょう。

初対面のベトナム人女性の場合

ベトナム人女性でそれなりに距離がある人は基本的にシャイです。気が強いとか以前にむしろおしとやかに見える人も多いかと思います。これはアジアの女性の多くに当てはまりますが、こういった雰囲気はアジア人女性特有のかわいらしさとも言えるんじゃないでしょうか。

距離が近づくと

ここから恋人とか夫婦の関係になると変わってきます。元々の性格もありますが、ベトナム人女性はここから強くなる人が多いです。付き合い始め、またはその前は猫なで声で甘えていた彼女も時間が経つにつれて貫禄が出てきて夫を支配するような妻に・・・なんてこともよく聞く話です。これがベトナム人女性は気が強いと言われる一番の理由でしょう。

相手の男性に影響を受けている場合も

しかしちょっと待ってください。これだけ言うとベトナム人女性が少しかわいそうです。これまで私が見てきた夫婦などで、奥さんが龍になっている家庭を見ると、実は旦那がその原因になっているように思えます。

旦那がだらしない場合、必然的に奥さんが家庭の切り盛りをする必要が出てきます。考えてもみてください、奥さんが普段外で働き、帰宅後は家事や育児などをする傍ら、夫がへべれけに酔っぱらって帰ってきたらイラつきもするものです。それ以外でも家庭内でだらしない振舞いをしていればガミガミ言いたくもなるでしょう。そういったことが日常茶飯事になると旦那さんに対して龍になるのは当然と言えます。

龍になるかは自分次第

相手のパートナーの変化は自分の振る舞い次第と思っておいたほうがいいでしょう。年をとってもネコのままというのはある意味イタイと思いますが、色々な夫婦を見ていると旦那の在り方次第で奥さんの見え方は大きく変わってきます。もともと性格が強い女性ももちろんいますので、そういった奥さんが好きという男性はどうぞ気の強い女性を選んでください。

元々気が強いベトナム人女性の傾向

とは言ってもやはり性格的に元々気が強い女性というのは存在します。ベトナム人女性の中でも元々気が強い女性とはどんな特徴があるのか紹介します。

家庭内での役割

その人の家庭内で母親と似たような役割を担ってきた人は気が強い人が多いです。例えば長女で下に弟やら妹やらが複数いるような家庭環境で育ったような女性に当てはまります。また母親が夫を尻に敷くようなタイプの場合、更にこの傾向は強く出ます。

企業で管理職に就いている、または自分で何かしらの商売をしている

企業でそれなりに役職に就いている女性は気が強い人が多いです。そもそも気が強くなければ務まらないということもあるのですが、気が強いから役職者になったのか、または役職者になったから気が強くなったのか。まるで鶏と玉子の理論ですが、いずれにしても役職についている人は気が強い人が多いと思っておいたほうがいいでしょう。日本の女性の役職者ではたまに、

「みんなの前では気丈に振舞っているけど、ホントはナイーブなの。」

みたいな人がいますが、ベトナム人女性はそういった人が非常に少ないです。何というか生粋のツワモノという感じです。自分で企業をしたり、商いをしているような女性も似たような傾向が見られます。

好きになったベトナム人女性の気が強いかどうかはこういった部分からでもある程度推し量ることができます。「もし気の強い女性が好きだ!」という男性は上で書いたような人に絞っていくとそういうベトナム人女性に出会える可能性が高まるかと思います。