ベトナム人による日本人批判について考える

日本人同士でベトナム、ベトナム人に対する不満、愚痴がよく出ます。一方でベトナム人も当然ながら日本、日本人に対する不満、愚痴というのがあるものです。日頃ベトナム人が日本人にその不満を直接ぶつけるのは遠慮していると思いますが、腹を割った付き合いをしていると何かと話してくれるものです。今回はその不満の中のいくつかについて考えてみます。

ベトナム人に対して壁を作る

積極的にベトナム人と関わろうとしない、いつも日本人と一緒にいる。これはよく聞きます。理由はそれぞれなんでしょうが、基本的に根っこの部分から外国人と関わることが苦手という日本人は結構いるんじゃないでしょうか。語学力の関係で砕けた話ができないという事情もあるかもしれません。どちらにしてもそんな部分がドライに見えるようです。

偉そう

日本人というだけで偉そうにいている人。これも容易に想像がつきます。中には日本というだけで絶対的に上と勘違いしている人もいますので、そういう人は口に出さなくても態度にすぐ出るものです。でもってベトナム人もその点については敏感に察しているようです。

日々が楽しくなさそう

大きなお世話だと言いたいところですが、私も客観的に見ていてそう思うことはあります。将来のことを考えすぎて今を楽しむことが蔑ろにならないよう気を付けたいものです。あるベトナム人女性で日本人男性とは結婚したくないという人がいました。その人の考えでは「自分は悲観的な考えができないから、真面目な日本人とは合わないと思う」とのこと。こういうタイプの女性が好きな日本人男性は結構いそうなもんですが。。。

スケベ

主にセクハラとか風俗関係での行為について言っているようです。ベトナム人でもスケベはいますが、外国人が自国の女にそういった振舞いをしているのを見ると白い目になってしまうのだそうな。逆の立場で考えてみても彼らのいう事は理解できます。ベトナム人のオヤジが日本人女性にセクハラしたり日本の風俗で鼻の下伸ばしてデレデレしてたら確かに「全くこのオッサンは・・・」てなりますからね。

家族よりも付き合い

会社での付き合いが多すぎる。断ると出世できないという嫌々な事情は分かるが、そもそも家族を犠牲にしてまで出世したいのか?会社も従業員の家族との時間を犠牲にさせてまで付き合わせたいのか?という主張。言っていることは間違ってないと思います。少なくとも毎度嫌々付き合いに駆り出されている人は考えるべき部分があるでしょう。でもって日本の会社も最近は少しづつ変わってきていると思います。

ベトナム、ベトナム人が嫌いという人もいますが、一般的には付き合いやすい国民だと私は思っています。内向的すぎる人、堅物な人、興味関心の薄い人、高慢な人、この辺りはベトナム人と上手くやっていくのに苦戦すると思いますが、そうでなければそれほど難しくはない国民じゃないでしょうか。