ベトナム語を独学でビジネスレベルまで学んだ管理人メモ【使用教材編②】

日本で市販されている教材を何冊か使ってベトナム語を学びました。それなりに色々な教材を使いましたので、使った教材を時系列にレビューしていきます。(画像は主にAmazon掲載のものを使用。★は5つが最高で一つが最低です)

【使用教材編①】はこちら

ゼロから始めるベトナム語【文法中心】

内容:★★★

情報量:★★★★

コスパ:★★★

簡単な会話形式の例文を基に文法を解説。写真や挿絵などがほとんどないので無機的な印象がある。しかし使えるフレーズや語彙などをコンパクトに紹介しているので、使いこなせればそれなりに会話力がアップする印象もある一冊。特に韓越語(中国由来のベトナム単語)に関する考え方や語彙の増やし方のサンプルも載せているので語彙力アップのヒントにできるかも。姉妹編の【会話中心】もあるがこちらは使用せず。

【世界の言語シリーズ】ベトナム語

内容:★★★

情報量:★★★★

コスパ:★★

大阪大学世界言語センター発行の一冊。印象としてはかなり堅い構成。初めてベトナム語を学ぶ人にとっては手に取りにくい本。しかしそれなりに初級内容を把握している学習者にとっては抜けている知識や追加の知識を入れるのに役立つ。音声も適度に早く、一段階上のリスニング力を鍛えるのは最適と言える。黙々とベトナム語を鍛えたいと思える人向けの一冊。

ベトナム語表現とことんトレーニング

内容:★★★★★

情報量:★★★

コスパ:★★★★

ストーリ仕立てではなく、単発で各文法を学んでいく形式。一通り初級文法の学習を終えた後の知識整理だけでなく、初学者でも十分学べる一冊。左ページに解説、右ページに問題とバランスもよく初級は十分カバーしている。また語彙をアップさせるためのページも用意されている。学習を泳ぎに例えた著者のこだわりが見られる本。

くわしく知りたいベトナム語文法

内容:★★★

情報量:★★★

コスパ:★★

普通の語学参考書とはちょっと性格が異なり、既に学んだことを更に奥深く追及していくような構成。なので初学者が手に取るというより、初級の学習を終えた人向きの本。ベトナム語の参考書でこの手の本はほとんどないので、深く学びたいという人にはお勧め。読み物としてベトナム語を学びたいときなどに使いやすい。

ベトナム語(速読・速聴・速解)

内容:★★★

情報量:★★★

コスパ:★★

日本語解説のベトナム語教材としては珍しい中級者向け教材。タイトル通り読解と聴解を鍛えるための本。一応日本語訳はあるが、文法などの細かい解説がなく、語彙も辞書などを駆使して意味を把握していくことが求められるので、中途半端なレベルの人が挑むと挫折しやすい。音声は通常と2倍速があり、聴解力はそれなりに鍛えられる。